三谷光男

« 2013年11月20日(水) | トップページ | 2013年12月9日(月) »

2013年11月29日 (金)

2013年11月29日(金)

 昨日、大内さんのお宅を訪問させていただき、鈴木貫太郎書の「自強不息」と書かれた掛け軸を見せていただきました。

 鈴木貫太郎元海軍大将は、呉鎮守府長官を務められた方であり、太平洋戦争を終結に導いた内閣総理大臣です。「自強不息」は、「易経」の中にある言葉であり「自分を強くして休まず努力せよ」という意味だと教えていただきました。今の私にはぴったりの言葉だと思いました。

 さて、今朝の街頭演説会は、JR新広駅の駅頭で行いました。
 
一昨日強行採決で衆議院を通過した特定秘密保護法案についてお話しました。


強行採決で成立を図る内容の法案ではありません。民主主義の根幹にかかわる内容を含んだ重大な法案ですから。『機密の保全と国民の知る権利との両立』が図られなければなりません。国の行方を国民一人ひとりが判断するのが民主主義ですから、正しい必要な情報は開示されなければなりません。アメリカでももっているチェック機関は当然のごとく必要だと考えるのですが、附則に「つくることを検討する」としか書かれていません。安倍総理もつくるべきだと考えるならば、「努める」じゃなくて、「つくります」と答弁されれば大事な疑問はひとつ解けるのです。秘密の指定期間もアメリカでも原則
25年で公開です。修正により逆に原則60年にのびたことも「妙な」話です。

 重要な法案だからこそ拙速に成立を急いではなりません

Dscf2064_small

11月 29, 2013 日々実感 |