三谷光男

« 2012年11月6日(火) | トップページ | 2013年3月1日(金) »

2012年11月 7日 (水)

2012年11月7日(水)

  3 つの大学が「認可できない」とされた問題が大きな焦点になっています。
 昨日、田中真紀子文部科学大臣が、「新基準での再審査」を打ち出しました。
 確かに、3大学側からすると、審議会の答申が「認可の方向」だから来春の開学に向けて準備を進めていたところに、最後で大臣が「認可しない」となると、「困る」「暴挙だ!」の受け止めになるのはわからない話ではありませんが、本来は、正式に認可されてから「準備に入る」のが普通の姿なのだと思います。
 正式に認可されていないのに施設もでき、制服まですでに決まっているのは「おかしい」とする田中文科相の感覚は、むしろまともな感覚だと思います。また学生の数が減っていく中で「質を重視する」姿勢も正しいと思っています。田中大臣は、おかしなシステムを手直しし、方向性を正す手立てとして一石を投じられたのだろうと思います。けれど、現行ルールに沿って準備を進めてきた大学や希望する学生に迷惑をかけるわけにはいかないから、何とかうまい着地点が見出され、かつ田中大臣が投じた一石により設置認可の仕組みや基準が、より適切なものに見直されることを望んでいます。

11月 7, 2012 日々実感 |