三谷光男

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月29日 (水)

2012年8月29日(水)

20120829_103605_small


20120829_092941_small


 東京国税局を視察しました。税の徴収にあたる現場の話として、以前は「マルサの女」が話題となり、今も井上真央主演の「トッカン」というドラマが放映されています。なるべく現場を見て、現場の声を聴きたいと思っています。

査察部の現場も見せていただきました。昨日着手した事案があって、会議室のボードには一斉捜査にかかる取り組みの様子が生々しく記載されていました。

 

夕刻、参議院で、「生活」や「みんなの党」など野党8党から(一体改革関連法案採決前に)出されていた首相問責決議案が本会議に上程され、賛成多数で可決されました。公明党は一体改革に反対する内容の問責決議には賛成できないとして退席。自民党は賛成しました。

自民党がとった態度は理解できません!一体改革には賛成していただきながら、採決が終わったら、手のひらを返して政局に走る。「理」が全くありません。

この行動につき、谷垣総裁は「小異を捨てた」とコメントされましたが、「小異を捨てて大同につく」というのは、「必要な政策の遂行につき、小さな違いを乗り越えて大きな方向性で足をそろえる」ということで、「理」を捨てることではありません。事実上国会審議がストップしてしまうのは、本当に残念です。特例公債法案という国民生活に重大な影響を与える法案がまだ未成立なのに。生活、経済に影響する重要法案を「政争の具」にしてはならない!

8月 29, 2012 日々実感 |

2012年8月26日 (日)

2012年8月26日(日)

呉そごう屋上ビアガーデンで、恒例の「ウィラーズ・ビアパーティ」が開催されました。大勢の皆さまに参加いただき、本当にありがとうございました。

今私が置かれている状況は、大変な逆風下にあることはよくわかっています。「命がけで頑張れ!」「地元のために生き残れ!」と、厳しくも温かい励ましのエールを送ってくださる方々が多いことは、骨身にしみてありがたいと思いますし、奮起の力になります。地元と日本の未来のために、何をやらなければならないか、行動と言葉で、訴えていきます。

8月 26, 2012 日々実感 |

2012年8月24日 (金)

2012年8月24日(金)

特例公債法案が衆議院財務金融委員会で、自民欠席、公明はじめ野党反対のもと可決しました。合意の下での可決ではありませんから、参議院に送られても成立が見込めません。

特例公債法案は、赤字国債の発行を担保する歳入法案です。未成立のままなら10月末には財源が枯渇し、国民生活に重大な支障をきたします。

「政争の具」とすべき法案ではありませんので、与党にも野党にも、協力して成立できるようお願いを重ねてきました。毎年同じ愚を政治は繰り返してはならないのに、打開できない自分たちの無力さが本当に腹立たしいと思っています。

8月 24, 2012 日々実感 |

2012年8月22日 (水)

2012年8月22日(水)

貿易統計7月分の速報が出ました。輸出額53133円、輸入額58308円で、5174億円の赤字です。海外経済の減速、EU,アジア向け輸出が減少したことによるものです。大変心配です。

 

平成24年度後半分の打初め式が大阪・造幣局本局で開催。

地方自治法60周年記念貨幣が各都道府県ごとに記念貨幣をつくり、随時発行されています。平成25年度前半分は、宮城県、広島県、群馬県です。その図柄が決まりました。(28日閣議で正式決定)広島県の記念貨幣は、もみじと厳島神社(片面)、原爆ドーム(もう片面)で、かなり良い図柄です。発行されたら皆さんぜひ買ってください。

 

8月 22, 2012 日々実感 |

2012年8月21日 (火)

2012年8月21日(火)

お盆の週が明けて、国会状況がまた緊迫しています。野党側は、理由をこじつけて参議院での首相問責をちらつかせ、衆議院の解散総選挙に追い込む腹づもりです。中国人活動家の尖閣諸島上陸問題も、韓国大統領の竹島上陸、非礼な発言も、毅然たる対応をとることこそ大事で、選挙を求める場合ではありません。

何より、選挙制度改革も特例公債法案も審議をして成立させていただきたい。特に特例公債法案は、未成立のままなら国民生活に重大な影響を及ぼします。どのようにだって頭を下げます。けして政争の具になど使ってはなりません。

 

8月 21, 2012 日々実感 |

2012年8月20日 (月)

2012年8月20日(月)

李明博大統領は、禁じ手と言える竹島上陸に加え、天皇陛下に対しまた日本国民に対し極めて非礼な発言をしました。野田政権は、竹島の領有問題を国際司法裁判所に共同提訴しました。韓国が断ってくるのは織り込み済みの話で、今後単独提訴に踏み切ります。日韓国交正常化以前から長く棚上げされてきた竹島の領有権問題を、国際社会の場に提示し、国際法に則りわが国の領土であることを明確に主張していかなければなりません。また、昨年10月、韓国からの要請により合意した日韓通過スワップ協定は、韓国の外貨準備高不足から通貨不安を防ぐため、その枠を130億ドルから700億ドルに拡大していました。予定されていた財務大臣の韓国訪問は取りやめます。協定を白紙に戻すことも検討しています。非礼な対応には、毅然たる対応が必要だし、冷静に怒り対処していかなければなりません。

8月 20, 2012 日々実感 |

2012年8月20日(月)

       Dscf0076_small


呉市の宣伝のための「クレシラップ」です。呉市東京事務所からいただきました。

8月 20, 2012 日々実感 |

2012年8月15日 (水)

2012年8月15日(水)

 今朝は家族皆で墓参りに行きました。毎年武道館で行われる戦没者追悼式に出席して

います。今回母の初盆なので、出席を見合わせ家で過ごしました。

8月 15, 2012 日々実感 |

2012年8月10日 (金)

2012年8月10日(金)

   社会保障と税の一体改革関連7法案が参議院で可決成立しました。

  年末「素案」のとりまとめ、「大綱」の決定、党内の法案審査、国会審議、三党合

意と本当に長い道のりでした。

  説得に応じてもらえず、離党する仲間が出たことも辛かったけども、採決直前に

なって、三党合意が反故になりかけた今週の攻防が一番辛かった。見守るだけで、何

もできませんから。

   最初から最後まで野田総理は立派でした。信念は微動だにしませんでした。今日の成

立後の記者会見の話も見事でした。

   新たな負担を国民の皆さまにお願いすることは、本当に辛い決断です。また、消費税

の引き上げをお願いすることがいかに難しいことか、これまでの道のりで肌身にしみ

てよくわかりました。それでもこの一年、まっすぐに、この改革の実現に取り組んで

きたのは、負担の先送りを続けることにより、若い世代や子どもたちに、重い負担を

背負わせるのでは、絶対に「未来は良くならない」と考えたからです。

   法案は成立しましたが、国会定数の削減や徹底した行政改革、景気回復など、一体改

革を進めるにあたり、多くの皆さまから求められた課題が残っています。全部やり遂

げてこそ、皆さまからの「納得」がいただけるのだと思います。引き続き残された課

題に取り組んでいきます。

 

8月 10, 2012 日々実感 |

2012年8月 9日 (木)

2012年8月9日(木)

 今日は「子ども霞が関見学デー」で、多くの子どもたちが財務大臣政務官室にやってきました。この中から、未来の国会議員が生まれるかもしれませんね。P8090409_small


8月 9, 2012 日々実感 |

2012年8月 7日 (火)

2012年8月7日(火)衆議院国土交通員会での財務大臣政務官答弁

Dscf0075_small

8月 7, 2012 日々実感 |

2012年8月 6日 (月)

2012年8月6日(月)

 早朝から一連の原爆死没者慰霊行事に出席。

 馬淵澄夫さんは、毎年夫人とともにこの平和祈念式典に出席されています。記念式典に向かう際、馬淵さんから「不思議に雨にあたった経験がないね。」と聞かれ、「そうなんです。いつも炎天下の式典になります。曇っている時も不思議と8時15分にはいつもカンカン照りになるんです。」とやりとりしたら、その時曇っていたのに原爆投下の8時15分には雲が晴れ、カンカン照りとなりました。

 

 この式典に出席するたびに被爆者援護対策の決着をつけなければならないと決意を新たにします。

8月 6, 2012 日々実感 |

2012年8月 5日 (日)

2012年8月5日(日)

 

 朝、中通り商店街で核禁会議のみなさんとハチロク前に恒例で行う被爆者援護救済のための募金活動をやりました。

  

 

 日中、各所にて街頭演説。

  

 

 夜、野田総理と県選出国会議員たちとで会食。総理が広島焼きを食べたいというので、総理が泊まる広島プリンスホテルの近くにある「吉」という小さなお好み焼屋を貸し切り、お好み焼きや鉄板焼をつつきながら歓談しました。

  

 

 身内だけの会食だったから内密にしていたのに、どうしてわかったのか、いつの間にか店のまわりには報道陣が取り囲み、近隣の人たちが集まってきました。総理というのは、全く不憫なものです!総理は、「生ビールは久しぶりだ。」と言って喜んでました。(公邸でも外の会食でも、どうも生ビールが飲めないらしい。)

  

 

 また、ここのお母さんが焼くお好み焼きや鉄板焼は結構おいしくて、総理はこうした雰囲気が大好きだから、身内との歓談を楽しまれてました。

 

8月 5, 2012 日々実感 |

2012年8月 4日 (土)

2012年8月4日(土)

 エヴリィ宮原店前で、街頭演説をやりました。今私が住んでいるのは和庄の家ですが、私の父は坪ノ内小学校の出身です。坪ノ内はいわば我が家のふるさとです。坪ノ内で街頭をやる時には親近感をおぼえながら、お話をしています。

 

 内閣不信任や首相問責が提出されたそうなど、緊迫した政治状況になったことを説明したうえで、一体改革の必要性と合わせ、政治家が身を切る改革、徹底した行革、景気回復などやるべき重要な課題が残っているから、多くの方々が求めるこれら改革を同時にやり遂げてから国民の皆様に審判をあおぐのが至当ですと訴えました。

8月 4, 2012 日々実感 |

2012年8月 3日 (金)

2012年8月3日(金)

 自公を除く生活、みんなの党、社民党などの会派から、週明けに一体改革関連法案の採決阻止のため、衆・参それぞれ内閣不信任案、首相問責決議案が提出される見通しになりました。自民党もそれらに乗るか乗らないか、対応に苦慮しているようです。

 

自民党や公明党も同調して不信任や問責に賛成することになれば、一体改革関連法案の成立は、水泡に帰してしまいます。避けて通れない改革だから、小さな違いを乗り越え、苦しみながらも三党の合意に達し、成立一歩手前までたどりついたのに・・・・・・・。

解散に追い込みたいと考えるのは政争の話です。また、「採決を早くと言ったのに、応じてくれなかった。遅い。お前たちが悪い。」とののしるのは、子どものケンカと同じしょう。成熟した政治となるよう、また将来世代のために必要な改革をやり遂げるため、ここは自公に踏みとどまってほしいと願っています。

 

 

 

 

 

8月 3, 2012 日々実感 |

2012年8月 2日 (木)

2012年8月2日(木)

 衆議院決算行政監視委員会行政監視に関する小委員会が開かれ、答弁に立ちました。

 去年11月、スパコン、医療費レセプト、公務員宿舎、原子力の4つのテーマで「国会仕分け」が行われ、フォローアップのための質疑でした。
 

 

 所管する「公務員宿舎建設」のテーマで答弁に立ちました。昨年秋、朝霞住宅建設をめぐり、国家公務員宿舎の建設がTVでも取り上げられ、大きな焦点となりました。12月に「今後5年間で約25パーセント削減」を骨格とする公務員宿舎の削減計画をまとめました。
 

 

  昨日、その削減計画は行革実行本部で「国有財産及び独立行政法人が保有する資産の売却等に係る工程表」にそのまま反映され、本部決定されました。公務員宿舎削減の取り組みは、すでに2,393住宅(約1.6万戸)を廃止決定し、さらに、目標の削減幅を実現するため、取り組みを進めています。

 

 行政改革の取り組みは、「やります」と言うだけではなくて、「年限」と「目標の数字」を定め、「決めた」ことを確実に「実行」していくことが肝要だと思います。質疑でもそのことを強調しました。
Dscf0044_small


8月 2, 2012 日々実感 |

2012年8月 1日 (水)

2012年8月1日(水)

 終日、衆議院財務金融委員会に出席。

質疑のなかで、政権交代後予算が水膨れしているのではないかと指摘がありましたが、言いがかり以外の何ものでもありません。児童手当の拡充にしても控除をはずして財源をつくり、拡充を図っています。予算が増額した原因は、主には借金の返済にかかる「国債費」、「社会保障費」の増大ですし、それらは公共事業費を政権交代前より3.4兆円減額してまかなってきました。

 また、一体改革の審議も含めて消費税の引き上げ分は全額社会保障費に充てるのですが、ともすれば余剰分を防災・減災の名を借りて公共事業費の増大に充てたらどうかと考えるむきがあります。これはとんでもない話しだと思っています。
 

将来世代へのつけ回しをやめ、重い負担を若い世代や子どもたちに課さないことこそ、私は一番の子どものための手当だと思っています。財政健全化への取り組みに引き続き力を注いでいきます。

8月 1, 2012 日々実感 |