三谷光男

« 2012年7月30日(月) | トップページ | 2012年8月1日(水) »

2012年7月31日 (火)

2012年7月31日(火)

特例公債法の修正案が、閣議決定の後、国会に修正提出されました。特例公債法案は、赤字国債による歳入を担保する大変大事な法案です。先の三党合意を受けて、年金臨時財源2.7兆円を交付国債からつなぎ国債へ変える修正をしました。

 未成立のままなら、経済にも国民生活にも大きな影響を及ぼしますので、何とか今国会中に成立させていただくよう与野党の皆様にお願いしたいと思います。

 
また、同じく今日「日本再生戦略」が閣議決定されました。これはデフレから脱却し、成長に向け日本の経済社会構造を大きく変えていこうという内容です。

<グリーン成長戦略>(環境)、<ライフ成長戦略>(健康)、<食の再生戦略>(農林漁業)、中小企業の育成、この4つの分野に重点が置かれていて特段の力を注いでいこうとするものです。

来年度の予算編成においてもこの4つの分野に重点配分がなされる見通しです。名目成長率3%、デフレ脱却に向けてこの「日本再生戦略」を政府は力強く実行していきます。

 
7月11日、首都高速湾岸線において公務のため成田から羽田に移動中であった税関職員の乗った車が大型トラックに追突され、4名が死亡、2名が重傷を負いました。追突した大型トラックはいねむり運転でした。大変いたましい事故でした。

亡くなられた4名は、ご家族のご意向によりお身内だけで密葬となりましたが、このたび改めて10月下旬に財務省東京税関主催で追悼式を開くいことになりました。亡くなられた職員のうち3名の方にはそれぞれまだ幼いお子様たちがおられます。財務省内幹部が発起人となり、ご遺族のお子様たちのための育英資金をつくることになりました。

公務中に起きたいたましい事故であり、この育英資金をはじめ、できる限りの保障を考えなければいけないと思っています。

7月 31, 2012 日々実感 |