三谷光男

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

2012年7月31日(火)

特例公債法の修正案が、閣議決定の後、国会に修正提出されました。特例公債法案は、赤字国債による歳入を担保する大変大事な法案です。先の三党合意を受けて、年金臨時財源2.7兆円を交付国債からつなぎ国債へ変える修正をしました。

 未成立のままなら、経済にも国民生活にも大きな影響を及ぼしますので、何とか今国会中に成立させていただくよう与野党の皆様にお願いしたいと思います。

 
また、同じく今日「日本再生戦略」が閣議決定されました。これはデフレから脱却し、成長に向け日本の経済社会構造を大きく変えていこうという内容です。

<グリーン成長戦略>(環境)、<ライフ成長戦略>(健康)、<食の再生戦略>(農林漁業)、中小企業の育成、この4つの分野に重点が置かれていて特段の力を注いでいこうとするものです。

来年度の予算編成においてもこの4つの分野に重点配分がなされる見通しです。名目成長率3%、デフレ脱却に向けてこの「日本再生戦略」を政府は力強く実行していきます。

 
7月11日、首都高速湾岸線において公務のため成田から羽田に移動中であった税関職員の乗った車が大型トラックに追突され、4名が死亡、2名が重傷を負いました。追突した大型トラックはいねむり運転でした。大変いたましい事故でした。

亡くなられた4名は、ご家族のご意向によりお身内だけで密葬となりましたが、このたび改めて10月下旬に財務省東京税関主催で追悼式を開くいことになりました。亡くなられた職員のうち3名の方にはそれぞれまだ幼いお子様たちがおられます。財務省内幹部が発起人となり、ご遺族のお子様たちのための育英資金をつくることになりました。

公務中に起きたいたましい事故であり、この育英資金をはじめ、できる限りの保障を考えなければいけないと思っています。

7月 31, 2012 日々実感 |

2012年7月30日 (月)

2012年7月30日(月)

朝、呉地方総監部で街頭演説。

大津の中学生自殺事件で焦点となっている「いじめ問題」について話しました。

 

竣工となった呉商工会議所ビルを見せていただき、12時より同ビル竣工祝賀会に出席しました。その後、上京。

 

7月 30, 2012 日々実感 |

2012年7月29日 (日)

2012年7月29日(日)

よっしゃこい祭り中国九州大会の各会場を回りました。

遠くは鹿児島、熊本から去年以上の多くのチームが参加されましたが、とにかく暑い一日でした。

屋内の市民会館会場を除けば、中央公園会場(メイン)、タウン前会場、れんが通り(パレード)など、どの会場も屋外です。

炎天下の中、各チームは審査が行われる中央公園、市民会館会場のほかに23会場で演舞をしました。

彼らに元気とパワーをいただきました。

 

夕刻、音戸トワイライトふれあいフェスタに参加しました。多くの人でにぎわっていました。

ビールもやきとりも天ぷらもとにかく安い。(またブース料とか取らないらしい)地域の手作りだからこそなせるわざです。

楽しい時間を過ごしました。

7月 29, 2012 日々実感 |

2012年7月29日(日)

よっしゃこい祭り中国九州大会の各会場を回りました。

遠くは鹿児島、熊本から去年以上の多くのチームが参加されましたが、とにかく暑い一日でした。

屋内の市民会館会場を除けば、中央公園会場(メイン)、タウン前会場、れんが通り(パレード)など、どの会場も屋外です。

炎天下の中、各チームは審査が行われる中央公園、市民会館会場のほかに23会場で演舞をしました。

彼らに元気とパワーをいただきました。

 

夕刻、音戸トワイライトふれあいフェスタに参加しました。多くの人でにぎわっていました。

ビールもやきとりも天ぷらもとにかく安い。(またブース料とか取らないらしい)地域の手作りだからこそなせるわざです。

楽しい時間を過ごしました。

7月 29, 2012 日々実感 |

2012年7月28日 (土)

2012年7月28日(土)

日中、広地区、焼山地区各所で街頭演説を行いました。

猛烈な暑さで汗だくになりながら、思いのたけをお話ししました。

広フレスタユーホー前では、何人かの方から「これを飲んでがんばってください」と冷たいお茶やスポーツドリンクを差し入れにいただきました。

感謝感謝です。

 

夜は呉地方総監部での納涼会に出席しました。

泉三省地方総監が25日で退任され、山口透新総監が着任されました。

格別の趣のある納涼会ですので、招かれる市民にとっては待ちに待った納涼会です。

自衛官の方々におもてなしをいただくのは本当に恐縮なのですが、ここは甘えて(本当においしい)海自のカレーや天ぷらなど堪能しました。

また、今、平日なかなか戻れないので、日ごろ会えない人たちと言葉を交わせたこともありがたかったです。

 

7月 28, 2012 日々実感 |

2012年7月13日 (金)

2012年7月13日(金)

【写真】アクセル・ヴァン・トロッツェンバーグ世界銀行譲許性資金・グローバルパートナーシップ総局副総裁と面会しました。
P7130378_small

7月 13, 2012 日々実感 |

2012年7月10日 (火)

2012年7月10日(火)

昨日の衆議院予算委員会、今日の参議院予算委員会に陪席しました。いずれもテレビ入りで総理をはじめ全閣僚が出席する質疑です。民主党を離党された方々でつくられた新会派「国民の生活が第一」から質問に立たれた牧義夫さんや森ゆう子さんの質疑を興味深く聞いていたのですが、感想は「残念!」の一言でした。

「党内手続きに瑕疵があった」とか「マニフェストに書いていない消費税の引き上げをなぜ決めるのか」と言い立てられるのですが、いずれも内輪の議論です。重要な課題を審議する予算委員会の審議の場ですから、代替案を提示するなど正面から一体改革の必要性につき議論するほうが、国民生活にとりより有益な議題になるのではないでしょうか。「言いがかり」ばかりの議論で本当に残念です。

自民党谷垣総裁からは、「一体改革成立までは協力するが、成立の暁には速やかに衆議院を解散せよ」との要請がありました。野田総理は「特例公債法などやるべきことをやってから然るべき時に国民に審判を仰ぐ」と答えられました。

予算の執行に必要な特例公債法を「政争の具」としてはなりません。特例公債法案が未成立のままなら、10月には財源がほぼ枯渇する見通しとなることから、9月以降の予算の執行については、厳しい抑制をかけざるをえません。地方交付税を渡せなくなりますし、予定されているさまざまな事業にストップがかかります。国民生活に甚大な影響を及ぼしかねません。この国会で成立を期さなくてはなりません。

合わせて、衆議院の1票格差の是正は無論のこと「政治家が身を切る改革」となる国会の定数削減を実現しなければならないと思います。さらなる行革や景気対策も合わせ必要とされることを断行してから国民に審判を仰ぐことが至当だと思います。

7月 10, 2012 日々実感 |

2012年7月 9日 (月)

2012年7月9日(月)

 衆議院で可決・通過した社会保障と税の一体改革関連7法案の審議が、参議院に審議の場を移し今週からから始まります。
 
衆議院特別委で129時間(日米安保の審議に続いて2番目)かけて審議を行い、民主、自民、公明3党による修正合意が成立しました。
 
3党合意は、「決められない政治」から「決めて実行する政治」へ変える意義深い合意だと思いますが、あいまいになって残された課題(特に若い世代への支援策や低所得者対策など)もあります。およそ90時間と見込まれる参議院での審議で残された課題につき、しっかり肉付けが行われば良いと期待しています。
 
今日は衆議院予算委員会(質疑①)、明日10日は参議院予算委員会(質疑①)、11日参議院本会議(一体改革質疑入り①)、12日衆議院予算委員会(一般質疑②)、13日参議院本会議(一体改革質疑②)、さらに連休をはさみ17日には参議院予算委員会(質疑②)と続き、18日から参議院一体改革特別委での法案審議が続いていく予定です。

【写真】レベッカ・グリンスパン国連事務次長・国連開発計画(UNDP)副総裁と面会しました。
P7090371_small

7月 9, 2012 日々実感 |