三谷光男

« 2012年7月9日(月) | トップページ | 2012年7月13日(金) »

2012年7月10日 (火)

2012年7月10日(火)

昨日の衆議院予算委員会、今日の参議院予算委員会に陪席しました。いずれもテレビ入りで総理をはじめ全閣僚が出席する質疑です。民主党を離党された方々でつくられた新会派「国民の生活が第一」から質問に立たれた牧義夫さんや森ゆう子さんの質疑を興味深く聞いていたのですが、感想は「残念!」の一言でした。

「党内手続きに瑕疵があった」とか「マニフェストに書いていない消費税の引き上げをなぜ決めるのか」と言い立てられるのですが、いずれも内輪の議論です。重要な課題を審議する予算委員会の審議の場ですから、代替案を提示するなど正面から一体改革の必要性につき議論するほうが、国民生活にとりより有益な議題になるのではないでしょうか。「言いがかり」ばかりの議論で本当に残念です。

自民党谷垣総裁からは、「一体改革成立までは協力するが、成立の暁には速やかに衆議院を解散せよ」との要請がありました。野田総理は「特例公債法などやるべきことをやってから然るべき時に国民に審判を仰ぐ」と答えられました。

予算の執行に必要な特例公債法を「政争の具」としてはなりません。特例公債法案が未成立のままなら、10月には財源がほぼ枯渇する見通しとなることから、9月以降の予算の執行については、厳しい抑制をかけざるをえません。地方交付税を渡せなくなりますし、予定されているさまざまな事業にストップがかかります。国民生活に甚大な影響を及ぼしかねません。この国会で成立を期さなくてはなりません。

合わせて、衆議院の1票格差の是正は無論のこと「政治家が身を切る改革」となる国会の定数削減を実現しなければならないと思います。さらなる行革や景気対策も合わせ必要とされることを断行してから国民に審判を仰ぐことが至当だと思います。

7月 10, 2012 日々実感 |