三谷光男

« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年5月21日 (月)

2012年5月21日(月)

 5月18日(未明)から20日までの3日間、英国・ロンドンで開催された欧州復興開発銀行(EBRD)の総会に出席するため、海外出張してきました。
 一番の仕事は、新総裁選出のための選挙に臨むことでした。EBRDは、本部は英国・ロンドンに置き、総裁はこれまで(話し合いにより)独仏の代表選手が交互に務めてきました。今回事前の話し合いで次期総裁が決まらず、5人の候補者による激しい選挙になりました。
 当選者は、「加盟国の過半数」と「出資比率に応じた投票権(ボーティングパワー)の過半数」と二つの多数を得なければならない複雑な選出規定です。この要件を満たす候補者が出るまで、最下位となった候補者を除きながら何回でも選挙が行われる仕組みになっています(オリンピックの開催地決定の選挙に似ています)。
 1回目の投票では、ボーティング・パワーでは英国・チャクラバルティ候補が優位にたったものの、加盟国の支持では有力とされた仏・フォンテーヌ候補とほぼ互角で、「混沌とするのではないか?」との不安の空気が会場を覆っていました。私の隣に座っていたヨルダンの代表も、「長い夜になりそうですね。」と。私も「たぶんそうなりますね。」と答えました。
 2回目の投票でチャクラバルティ氏がボーティング・パワーで過半数を超えたことが原因だったのでしょう、3回目の投票で、ようやく決着がつき、英国・チャクラバルティ氏が新総裁に選出されました。
 ちなみにチャクラバルティ氏の夫人は日本人です。オックスフォード大学の先生をされていると聞きました。ご挨拶にもわざわざ来られました。明晰な頭脳と自らの考えを明快に打ち出す強いリーダーシップをもった人物に見受けられました。
 二日目の総会で総務演説をしたのと合わせ、ポルトガル、フィンランド、トルコ、ベルギー、ボスニア・ヘルチェゴビナ、オーストリア、ギリシャ、スウェーデンの代表と二日間の総会の合間で、バイ面会が8件ありました。来月初めにGEF(地球環境ファシリティ)の次期CEOを選ぶ選挙があり、石井菜穂子副財務官が立候補し、今国をあげて応援しています。こちらも有力候補が3人に絞られ激しい選挙戦が予想されています。一生懸命石井さん支持のお願いをしてきました。(でも日程は本当にきつかった!)
 夕食会は、小ロンドン市長(ロード・オブ・メイヤー)の公邸であるマンション・ハウスで行われました。伝統と格式を重んじる英国らしい公邸で、ハード・スケジュールでずい分眠かったのですが、マンション・ハウス(エジプトの間)で各国代表と歓談しながら食事ができたのは、幸せでした。

Small

Small_2

Small_3





5月 21, 2012 日々実感 |