三谷光男

« 2011年8月30日(火) | トップページ | 2011年9月5日(月) »

2011年8月31日 (水)

2011年8月31日(水)

「どじょうがさ、金魚のまねすることねんだよなあ」

野田佳彦新総理が代表選の演説で、好きな言葉として引用した相田みつをさんの言葉です。

「赤い『べべ』を着た金魚にはなれないけれど、ドジョウはドジョウらしく泥臭く国民のためにとことん汗を流して政治を前に進めていく」。

力強く語られました。胸が熱くなりました。選挙戦で野田さんのお願いをするのに、「ここは野田さんが背負う場面なのだ」と言いたいのだけれどうまい言葉が見つかりませんでした。今の状況は、赤いべべを着た金魚が必要なのではありません。泥臭く国民のため危機を乗り切るため必要な政策を実行していくドジョウの政治が必要なのです。『ドジョウの政治』。私もとことん推し進めていきます。

今日は70日延長になった通常会の最終日です。閉会処理の衆議院本会議があり、本散後、民主党両院議員総会がありました。

幹事長、政調会長、国会対策委員長の党3役は、代表指名ですが、両院議員総会の承認事項です。野田新代表から輿石幹事長、前原政調会長、平野国対委員長、樽床幹事長代行の人事案が提案され、万来の拍手で承認されました。

ここ数回の両院議員総会は、執行部に向けて批判的発言が目立つぎすぎすした両院議員総会でした。この党3役人事は「党内融和」を象徴する見事な人事と受け止められたのでしょう、これまでとは打って変わって、和やかなムードの両院総会でした。皆が一つになって進んでいこうという気分に満ちていました。上々の滑り出しです。

8月 31, 2011 日々実感 |