三谷光男

« 2011年3月15日(火) | トップページ | 2011年3月17日(木) »

2011年3月16日 (水)

2011年3月16日(水)

「救援物資の自衛隊による輸送スキーム」ができました。

県でまた市町村にも協力をお願いして民間からの提供救援物資を集約し、駐屯地等に集め、自衛隊により被災地に運んでもらうスキームです。

これまでは提供物資の申し出がたくさんありながら、受け取りの手だても被災地に届ける手だても限られていましたので、ありがたい申し出を制限しながら官邸の物資担当・越智参事官室に送っていました。

民間からの救援物資の提供も、このスキームにより、集約・活用できれば、さらに円滑に被災地に救援物資を送ることができます。うまく機能させて可能な限り円滑に被災地に支援物資を届けたい。各都道府県、各市町村にも可能な限りご協力をお願いしたいと思います。

ようやくできつつある被災地の集積基地には、民間輸送会社や政府・各省庁によりさまざまな輸送手段を駆使して救援物資を運んできましたが、集積基地から被災地・避難所には、道路等遮断されている地域も多く、大きくは自衛隊による輸送に委ねられているのが現状です。被災地の自治体も、被害の度合いにより様々ですが、日増しにその機能を回復しつつあります。自治体も消防団も海上保安庁や警察、消防職員もまたそれぞれに可能な限りの支援を行ってくれています。本当にありがたい!

また、被災地域を覆う燃料不足は深刻です。ここにも数えきれないほどの被災地からの要請がきています。物資があっても燃料がないから運べないといった事情もあります。

被災地域においては、広くSSの基地が壊滅状態にあることが、供給ができても燃料不足の改善を妨げる最大の原因になっています。

経済産業省や石油連盟、トラック協会にもお願いして、日本海側・酒井港から石油を入れ山形を当面のSSの基地にするなどあらゆる手立てを駆使して改善を図っています。

また地震発生以来、東北自動車道など幹線となる高速道路は、緊急車両以外の車両を制限していましたが、燃料を運ぶタンクローリーをはじめ物資輸送にかかる車両には、通行許可のステッカーを無条件で出してもらうことになりました。ステッカーもやめて業務用はすべて通してほしいと要請したのですが、東北自動車道は一車線しか通行できない箇所が多く、通しすぎると逆に輸送が滞ってしまう。そんな事情から上記の条件になりました。これで燃料も含め物資の輸送はずいぶん改善されることになると思います。

3月 16, 2011 日々実感 |