三谷光男

« 2011年3月14日(月) | トップページ | 2011年3月16日(水) »

2011年3月15日 (火)

2011年3月15日(火)

引き続き党地震対策本部に常駐して、被災地支援の対応を続けています。

地震発生後、すぐに総理官邸の中に緊急対策本部が設置されました。その中に危機管理室があり、様々な情報を集約し、被災者救援の対応に当たっています。もちろん各省庁にもオペレーションルームが設置され、それぞれに所管で行うべき被災地支援の対応に当たっています。

民主党の中に設置された対策本部も、政府・官邸の対策本部と緊密に連携をとりながら被災地救援の対応に当たっています。

特に最初の3日間は人命救助がなにより最優先事項です。

この地震災害は、かつて経験したことがない未曽有の地震災害です。阪神淡路大震災でも行政機能ごとすべて壊滅したわけではありません。被害の範囲も広く、被災の状況も甚大かつ深刻です。陸前高田市や気仙沼市、南三陸町など一番被害が深刻だった地域は、町ごと津波に襲われ壊滅状態でした。行政機能もそのほとんどが失われていました。

さまざま寄せられるSOSの情報を精査して官邸対策本部に送り、救援など対応をお願いする。途中からは省庁担当をつくり、案件によってはここから直接省庁に対応をお願いする。ここでの対応も日ごとに進化を続けています。

官邸・危機管理室の重大事項はもうひとつあります。福島第一原発の事故対応です。重大事故回避への対応にも大きな力が注がれるので、なおのこと被災者支援につき、少しでも助けとなるよう、こちらの対策本部が重要な役割を担わねばならないのだと考え対応を続けています。

3月 15, 2011 日々実感 |