三谷光男

« 2011年3月8日(火) | トップページ | 2011年3月13日(日) »

2011年3月12日 (土)

2011年3月12日(土)

3月11日、地震発生から約3時間後、民主党においても東北地方太平洋沖地震対策本部の設置が決まり、20時から対策本部の会議のため、1830分頃、緊急招集がかかりました。

地震発生時、私は議員会館の事務所にいました。これは尋常な地震ではないと思いながらも長い揺れが収まった後、1730分羽田発の飛行機に乗るため、また渋滞も予想されたため、運転手さんにお願いして、羽田空港に向け会館事務所を飛び出しました。しかし、向かい始めてからすぐに「しまった」と思いました。

結局、羽田空港に着くのに約2時間。着いてすぐに緊急招集の着信があり、国会に取って返しましたが、7時間かかりました。国会に着いたのは午前1時半でした。

20時からの緊急会議に出られなかったばかりか、その後の対応にも参加できず、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

これは重大な事態だと悟ったら、すぐに飛び出すなど「軽率な行動を起こしてはだめだ」と肝に銘じました。

7時間余り、往復9時間、車の中に閉じ込められている間、普段なら見ることのできない光景を目の当たりしました。

まず、コンビニにはモノがない! 携帯用電池はすぐに売り切れたそうです。パンなど食料が次に売り切れ。飲み物類、菓子類だけがわずかに残っていました。

地上には深夜まで人があふれていました。多くは足早に歩いている。これは電車が止まったためでしょう。

また、パニックともいえる異常な渋滞を引き起こした原因は、電車が止まり車での移動が増えたためもありますが、交差点で車が動かなくなるからです。電車が止まり車での移動が増えたためもありますが。

仮眠をとって、12日、朝8時に院内幹事長室に設置された地震対策本部事務局で対応を始めました。人命救助の目安とされる72時間の間は、24時間体制で被災者支援の対応に当たることになりました。そして幹事長代理や副幹事長による責任当番制が敷かれ、当番が明けたのは午前3時、帰宅は午前4時ごろでした。

3月 12, 2011 日々実感 |