三谷光男

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年1月13日 (木)

2011年1月13日(木)

昨日、両院議員総会がありました。30人以上の議員から意見が出ました。「総理、もっとしっかりしてください。」「この厳しい状況の中、統一自治体選挙をどう戦うのか!」など、厳しい意見ばかり続出しました。意見が途切れるまで1時間半にわたって質疑は続きました。岡田幹事長は、そのひとつひとつに誠実にお答えになったと思っています。

対して、今日の党大会。質疑の場でもないのに一部の人たちが「意見を言わせろ」と議長に詰め寄る場面がありました。

意見を率直に言い合う場は必要ですし、執行部は可能なかぎり誠実に応えていかなければなりません。けれどももっと重要なことは、私たちの党は責任政党なのだから、一人一人の議員が、その「場」の位置づけをわきまえて対応することだと思います。これは大変残念な出来事だったと思っています。

1月 13, 2011 日々実感 |

2011年1月 8日 (土)

2011年1月8日(土)

毎年新春恒例の「三谷光男・新春の集い」を開催させていただきました。ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

小村呉市長があいさつの中で言ってくださった「『打たれ強い』という三谷さんのこれまで見えなかった一面が見えた」との言葉は、ありがたかったです。

私も菅政権も、お叱りばかりをいただく厳しい状況が続きますが、「申し訳ありません」とお詫びを申し上げることと合わせ、取り組んできた努力と成果、またこれからどう取り組むかについてもきちんと説明・発信していこうと考えています。

1月 8, 2011 日々実感 |

2011年1月 5日 (水)

2011年1月5日(水)

9時から党成長戦略PTの総合特区・規制改革小委員会の役員会議があり、一日だけ上京しました。その副委員長をしています。総合特区の法案をつくって次期通常国会に提出するのですが、作成期限が迫り、時間が大変タイトになってきています。また特区の対象や実現の手段といった(法案内容の)肝心要の部分で、内閣法制局とわれわれ小委員会役員の作成チームとの間で見解が分かれ議論を戦わせています。時間はタイトだけれど有効な特区をつくるために変な妥協はせず、納得のいく内容となるようぎりぎりまで戦っていきたいと思っています。

1月 5, 2011 日々実感 |

2011年1月 1日 (土)

2011年1月1日

元旦

新年あけましておめでとうございます。

大晦日最後の街頭演説は、呉中央桟橋前で行いました。年越し・初詣は、神田神社で過ごしました。

早朝新幹線で上京。首相公邸での新年会に出席しました。菅総理は意気軒昂でした。安心しました。厳しい状況、つらい状況の時に、頭に立つ者の気持ちが萎えていたら、立て直しなどできませんから。

菅さんは、最初選挙に出た時、3回落選して4度目に当選したそうです。3回前の代表選挙では前原さんと、2回前の代表選では小沢さんと戦っていずれも負けました。負けても、負けても、へこたれずに挑み続ける雑草のような人です。最後に勝って、総理になりました。常に挑み続けて最後に勝つ「強さ」が、菅さんの真骨頂だと思います。総理が志を高く掲げ、やりたいことをまっすぐに推し進めていくことを国民の多くも望んでいると思います。またそれこそが、政権の立て直しに一番大事な姿勢なのだと思っています。

1月 1, 2011 日々実感 |