三谷光男

« 1月26日(月) | トップページ | 2月7日(土) »

2009年1月28日 (水)

1月28日(水)

麻生総理の施政方針演説をはじめとする政府4演説がありました

今回の麻生総理の施政方針演説は、とんがった部分がまるでない、状況や取り組みの説明に終始した演説でした。中学校の公民の先生の授業を聞いている様でした。野党席からは、野次を言おうにも野次も飛ばない。与党席からの相槌や拍手も起きない。一言でいえばとてもシャビィな施政方針演説でした

仮に批判があっても、俺はこうやって経済を立て直すのだ、という気概を示してほしかったのですが……。がっかりです。

朝、厚生労働部門・非正規雇用対策PT合同会議があり、派遣・請負で働く人たちの雇い止めや解雇の状況・見通しについて、厚生労働省の方々とやりとりがありました

去年秋から今年3月までに見込まれる厚生労働省が出した製造業での派遣・請負の失職者の数は85千人。前日製造業の派遣・請負企業の業界団体(2つ)が出した見込み数は約40万人。どちらが実態に近いのでしょうか?

厚生労働省の数字は、たぶん一部の製造業派遣先企業に聞いて積み上げた数字のようです。(自分たちが所管している)派遣元にも聞けといってものらりくらりと逃げてばかり。ちなみに雇用保険の加入状況について、労働局が訊いた(雇止・解雇された)56千人余りの保険加入状況は99%、うち派遣労働者については、加入割合は99.9%とのことです。「ばかやろー」と言いたい。(派遣元が)訊かれれば「(保険に)入っている」というに決まっているではありませんか。対策を打つにもいいかげんな状況把握のもとでは有効な対策は打てないではないですか! 年金記録不備問題の時といっしょだ。だけど腹は立ってもあきらめずに取り組んでいきます

1月 28, 2009 日々実感 |