三谷光男

« 1月17日(土) | トップページ | 1月26日(月) »

2009年1月18日 (日)

1月18日(日)

民主党定期党大会が東京・メルパルクで開催されました。

新党日本の田中康夫代表が来賓あいさつの中で、ロビー周りの空気を見て、政権をすでに取ったかのような緩んだ気分がありはしないかとたしなめられました

私は、高木義明実行委員長の「質実剛健を旨とした」の言葉通り、意志固めのための質実な大会のように感じましたが、田中代表が言われたような気分があったのだとしたら私たちはもう一度政権交代の実現に向けて、気持ちを引き締め直さなければならないと思いました。確かに、状況が少し良いからといって実現できるほど政権を奪取することは、簡単なことではないと私も思うからです。

小沢代表のあいさつは、二つのニューディールのことが報じられていますが、むしろ最後に国民に向けて語りかけられたお願いが良かったと感じました

「国民の皆さんにもおやりいただくことがある。自分が主権者であることを自覚いただき、一票を投じ意思を表明していただきたい。現在の自公政権を続けるか、民主党を中心とする新しい政権をつくるか選択していただきたい。政権は国民が選ぶもの。(中略)国民の皆さんが自公政権に満足できないなら今度の総選挙でぜひ民主党に一票投じてください。そしてもし私たち民主党が政権を担っても、国民との約束を守らなかったり、期待に応えられなかった場合は直ちに次の選挙で私たちを政権の座から降ろしてください。

私たち民主党は、最後の最後まで国民とともに歩む。そのご支持により『国民の命と暮らしを守る新しい政権』を樹立することをお約束し、皆さまに主権者としての『最終判断』を下してくださるようお願いする。」と。

国民の皆さまに選択をお願いしながら、私たちに向けても気持ちを引き締めるよう戒めたのだと受け止めました。

1月 18, 2009 日々実感 |