三谷光男

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

12月31日(水)

25日以降、年末のあいさつ廻りを続けています。今年は本当にいろいろなことがありましたので、訪問すると結構話しこんでしまいます。とりわけ「選挙はいつになる?」「政治はどうなるんじゃろうか?」という話と、「この不況を何とかしてくれ」という話でついつい長くなってしまいます。なかなか十分にあいさつ廻りができませんでした。

大みそか恒例の街頭演説は、広で3か所、その後呉そごう前で締めくくりました。

心なしかいつもより歩いている人、行き交う車の量が少ないようで、気になります。

大みそかの街頭は、声をかけてくださる方が多く、本当にありがたい。来年は勝負の年となりますので、一層気合いを入れて頑張っていきます

12月 31, 2008 日々実感 |

2008年12月24日 (水)

12月24日(水)

久々に書きます。秋に選挙モードに入って以来(先送りになりましたが)、なかなか書けなくなり、反省しています。新しい年を迎えますので、気持ちを新たに、「日々実感」をしっかり書いていこうと思います

昨日は呉グリーンライオンズの家族例会に参加し、途中退席したくなかったので、結局、夜行寝台(サンライズ瀬戸)で上京しました。(岡山で乗り換えの際、夜行がお好きな山口の平岡秀夫代議士とばったり出くわしました。夜行で上京の際に乗る「サンライズ瀬戸」を教えてくれたは、この平岡さんです。)

夜行での上京は、やはりちょっぴり疲れます。

今日が臨時国会の事実上の最終日となりました

朝、党税制調査会、経済産業部門会議の後、党常任幹事会。今年最後の常任幹事会です。経済産業委員会の後、代議士会を経て衆議院本会議。

雇用対策4法案が否決されました

反対討論に立った自民党の西川京子さんの話は、アラさがしばかりして言い立てるできの悪い野党の討論のようで聞くに堪えない内容でした。

野党が言い出したことでも、国民の多くが望み、国民生活に必要とされることでなら、飲みこんででも実現する余裕が以前の自民党にはありましたが、どうやらそれは遠い過去の話になったようです。

衆議院解散要求決議案が提出されましたが、これも与党多数で否決されました

否決されましたが、自民党の反対討論は聞くに堪えられない内容でした。何を言っているのかさっぱり意味がわからない。与党席もしんみり。一部でブーイングも出ていました。その中で、渡辺喜美さんひとり、賛成に起立されたのは、「言行一致」立派だと心底思いました。

【写真】本会議のあと、両院議員総会が開かれました。

Pc240015_small

12月 24, 2008 日々実感 |

2008年12月 2日 (火)

12月2日(火)

臨時国会が25日間延長されました。私は街頭でもお話しているように、国会を通年で行うべきとする論者なので延長は結構なのですが、2次補正予算は国会に出さない、法案審議もしない国会の延長では、国民の皆さまに申し訳ない気持ちを持っています

その延長を決めた先週金曜日、久々の党首討論が国会で行われました。

争点となったのは「2次補正予算案の国会提出」と「衆議院の解散総選挙」でしたが、麻生総理が言われた奇妙な答弁が頭に残っています

「麻生総理は国民の信を受けていないではないか」と2次補正予算を出さないなら(「初心にもどって」といわれた。その通り)衆議院を解散せよと迫る小沢代表に対し、「日本は大統領制ではない。イギリスでもブレアからブラウンに首相が変わった。」と切り返したこと。

「何を言ってるんだ!」と正直思いました。ブラウンは選挙を経ずしてなった一人目の首相です。議員内閣制だからこれは「有り」でしょう。

麻生総理は選挙を経ずしてなった3人目の首相です。これは異常なことです

英ブラウン首相を引き合いに出すのはあまりに厚かましい話です。もう少しまともな切り返しはできないのでしょうか。

今、自民党の若手議員で囁かれていることは、「麻生では選挙は戦えない」。公然と言い始めています。

先般も自民・若手24人が「有志議員の会」をつくって2次補正予算案の提出を麻生総理に求めました。反麻生の狼煙です。

何を考えているのでしょうか

また総理の顔を変えることを考えているのだとしたら、あまりに国民の感覚とはかけ離れています。自分の選挙のことしか考えないその手前勝手な気分こそ国民から忌み嫌われていることに気付いていないのは不思議なことだと思います

朝、吉浦駅前で街頭演説。あいさつ回りを経て、呉市勲章・褒賞受賞者祝賀会最終便で東京に

12月 2, 2008 日々実感 |