三谷光男

« 9月29日(月) | トップページ | 10月17日(金) »

2008年10月 4日 (土)

10月4日(土)

924日の臨時国会開会からここまで、めまぐるしく政治状況が変わっていく、なんだかよくわからない10日間でした。先週末から水曜日まで「3日に解散の可能性あり」と民主党や公明党は禁足令が出ていました。それが一転、先送り論に。先週末行われた自民党の情勢調査で形勢不利が伝えられたことで一気に先送り論が強まったとのことでした。

今政治に対して「もういいかげんにせぇ」と国民の非難の声が強いのは、次から次へと出てくる大きな問題への対処が、当たり前の感覚でいえば、とても納得のいかないことばかりだからでしょう。総じて言えばスジの通ったことが何もできていないからではないでしょうか

この衆議院解散のことでいえば、2度にわたって突然政権が放り投げられたのです。誰もが当たり前に考えることですが、速やかに衆議院を解散して次の政権を国民の皆さまに決めてもらうことが一番です

今、景気対策のことがある、金融不安のことがある、輸入汚染米の問題、厚生年金記録の改ざんの問題、後期高齢者医療制度の問題など、大事な問題・課題が山積しています。きちんと審議をして、予算をあげて、速やかに衆議院を解散して国民に信を問うことが誰もが一番良いと考える筋道だと思うのですが・・・。

衆議院解散の時期は麻生総理が決めることとはいえ、私は多くの皆さまが当たり前だと考えることを街頭でも訴えていきます。

今日は朝から瀬戸田へ。内海造船労働組合の定期大会から、瀬戸田町でのあいさつまわりで終日過ごしました。

10月 4, 2008 日々実感 |