三谷光男

« 4月29日(火) | トップページ | 5月4日(日) »

2008年4月30日 (水)

4月30日(水)

政府・与党は、問題になっているガソリン税等道路特定財源の暫定税率の10年維持を盛り込んだ租税特別措置法案を(参議院審議の)「みなし否決」、憲法592項に定められた衆議院での3分の2再議決を行い、強行に暫定税率の復活・10年維持をもくろもうとしました

900両院議員総会。ここからすでに臨戦態勢。

「みなし否決」→「再議決」を行おうとする与党、議長、議運委員長に抗議。そこから肉弾戦に突入しました。

最終的には与党の目論見どおりにガソリン暫定税率復活の再議決は行われましたこれはもう暴挙というもの

民意は圧倒的に「値下げ」支持にありました。選挙の結果も明白に出た。だから「暴挙」です。

国会議員が肉弾戦など行うことは品位に欠けるし、みっともないことです。だけど最後は体と言葉で訴えるしか抵抗のしようがありません。

自民党に大勝させてはいけない、改めて思いました

【写真】ガソリン暫定税率復活の再議決をめぐって、与野党が激突しました。

P4300122_small

4月 30, 2008 日々実感 |