三谷光男

« 3月25日(火) | トップページ | 3月27日(木) »

2008年3月26日 (水)

3月26日(水)

久々に衆議院経済産業委員会で一般質疑の質問に立ちました

福田総理の肝入りで進められている「消費者庁」設置構想地球温暖化防止への取り組みの問題を取り上げました。

今設置に向けて検討が進められている「消費者庁」については、先般自民党の消費者問題調査会から、消費者庁のあり方について、「とりまとめ案」が出されました。よく考えられたりっぱな案というよりもむしろ悪質商法だとか食品安全とか向こう受けしそうなものだけを切り取って新組織に権限を移すといった評判ねらいの案だと思われたものですから問題提起したのですが、甘利経済産業大臣中川消費者問題担当副大臣もどうやら共通の受け止め方だった様子で、議論というよりもむしろ共通の認識を認め合う話となりました

悪質商法の撲滅にむけては、これからこの国会で特定商取引法と割賦販売法の大事な改正が審議されます。ずっと追ってきた問題ですので、強力に審議を推し進めていきます

もうひとつの地球温暖化防止対策。京都議定書以降の次期枠組みを決めていくのに今大事なステージに入っています。今年は洞爺湖サミットもあり、日本としてどのような戦略でこの枠組みをつくっていくかを問う議論をしました。

時間が足りなくて用意した質問の半分程度しかできなかったのはとても残念。大事な問題なので次も時間をもらってしっかり議論を挑んでいきます

【写真】経済産業委員会で質問に立ち、消費者行政、環境問題などについて論議しました。

P1030482_small

3月 26, 2008 日々実感 |