三谷光男

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月13日 (火)

11月13日(火)

【写真】民主党「海洋立国日本」推進議員連盟の勉強会。事務局長代理を務めています。

P1030446_small

11月 13, 2007 日々実感 |

2007年11月10日 (土)

11月10日(土)、11日(日)

ミニ集会そして各地で行われたフェスティバルへの出席。

安芸津のフェスティバルにはこれまで毎年参加させていただいていましたが、今年は結局参加できず本当にごめんなさい。

音戸フェスティバルくれ食の祭典賣茶流茶会など出席させていただきました。ミニ集会を含めて多くの方々から「大変だったね」と。本当に大変でした。

党の代表がいったん辞めるといって戻ったこと、代表自ら(辞任会見で)「今のままでは選挙に負ける、政権交代できない」といったことは、ダメージが大きいと多くの方々から指摘を受けました。その通りだと思います。ただ最悪のことは避けられたと思っています。むしろ次期総選挙に向けての甘い見通しを払拭して、もう一度原点にもどって組立をし直すための良いきっかけになったと思っています。

週明けからは延長国会。まずテロ特で強行採決が行われる見通しです。成り行き次第でいつ衆議院の解散総選挙が行われても不思議ではない、その覚悟で国会にそして次なる戦いの準備に臨みたいと思っています。

11月 10, 2007 日々実感 |

2007年11月 9日 (金)

11月9日(金)

衆議院本会議で、35日間の会期延長が決まりました。山のように課題がある、国会議員はもっと働くべき、そのために通年で国会を開くべきというのが私の持論です。今焦点になっているテロ特措法も参議院選後から国会を開いて審議していれば、時間が足りないなどということはなかったのです。

その場の都合で「延ばす」「閉じる」は釈然としません。

夕方から地元へ帰りましたが、テロ特・理事会の行方が気になりました。言われていたことは「9日に強硬採決」。流れて週明けに持ち越された模様。

11月 9, 2007 日々実感 |

2007年11月 8日 (木)

11月8日(木)

この1週間は、本当に激動の一週間でした。この「日々実感」もアップすることができませんでしたので、まとめてお話します。

11月2日()は、(2度目の)党首会談の内容が気になりながらも、地元に戻りました。帰ってみてびっくり。「連立を福田総理からもちかけられた」「小沢代表は最終的に断った」「なぜ即断らなかったのか」 ニュースを含めて、さまざまな情報が飛び交いました。

週末は、いつもどおり街頭に立ちました。(仁方支所前など)

正直に自ら思うところ(連立はすべきではない。民主党の存在意義にかかわる。一部で小沢代表が応じる気があったという、うがった見方があるが、これは政策協議の可能性を示唆しているのだ、など)を述べました。

そしてテロ特委員として直接審議にあたっていますので、大きな焦点となっているテロ特新法防衛省問題についての自ら考えるところをお知らせしました。

月曜日には、衆・テロ特参考人質疑で質問に立つことになっていましたので、日曜中に新幹線で東京に

車中で、「小沢代表が辞任」のテロップが流れたとの知らせをききました。顔面蒼白、頭の中が真っ白になりました。翌日大事な参考人質疑で質問に立つのですが、気が気ではない、正直言って動揺していました。

11月5日(月)テロ特・参考人質疑で質問に立ちました。この日は党内大揺れ。なんとか小沢代表に踏みとどまってもらいたい。管代表代行、鳩山幹事長はじめ党役員の方々、一致して慰留に努める、踏みとどまる可能性ありの話を聞いて、少し安心、なんとかダメージが一番少ない形で、代表が踏みとどまってもらいたい、祈るような気持ちでした。

11月6日()テロ特審議。翌日テレビ入り・防衛省問題集中審議で質問に立つことが決まりました。代表辞任の件に決着がつかないまま、気もそぞろになりながらも、翌日は大事なテレビ入り・集中審議での質問。

先週も取り上げた「チェフ・フレア・ディスペンサーの納入にかかる山田洋行の過大請求の問題」を取り上げることにしました。夜中まで防衛省のレク。資料の読み込み。質問づくり。翌日まで一睡もしていません。

11月7日(水)テロ特審議。午前中は、秘密会での寺岡元海幕防衛課長の参考人質疑。午後は防衛省問題の集中審議で質問に立ちました

気合は入りました。前日夜の防衛省担当の方々の説明もそうですが、内局防衛装備品の調達にかかる方々のこの期に及んでも隠そう、隠そうとされる体質が、私は許せないのです。

当たり前に税金を払っておられる有権者のためにも、守屋問題とは関係なく現場で訓練や任務に励んでおられる自衛官のためにも、こうした妙な隠ぺい体質こそ変えてもらわねばならぬ、自らすすんで疑いを晴らしてもらわねばならぬという強い気持ちで質問に臨みました。

質問が終わってから、小沢代表が代表に踏みとどまることになったとの知らせ。一気に肩の荷が下りました。

集中審議の後、民主党・両院議員懇談会

小沢代表が自らの言葉で「もう一度皆さんと一緒にやらせていただきたい」「命がけでがんばる」「ともにがんばろう」と決意を示しました。

「よかった」と思い、そこからはテレビ入りフルオープンの大事な両院懇談会なのに、不届きな話ながら、もう眠くて眠くて仕方がない、体が溶けてしまいそうでした。

この日の夜は、以前から決まっていた江田五月参議院議長の中国・四国選出議員による就任のお祝いの会。ここでももう眠くて眠くて、どうやら話をしながら(不届きな話ながら)途中爆睡していた模様。高井美穂さんや松本大輔さんが「あそこで寝ることのできる三谷さんは大物だ」と揶揄されましたが、大物でも何でもなくて、もはや体力、気力の限界でした。

11月 8, 2007 日々実感 |

2007年11月 7日 (水)

11月7日(水)

【写真】一昨日に引き続き、テロ防止特別委員会で質問に立ちました。防衛省問題についての集中審議です。

Photo

11月 7, 2007 日々実感 |

2007年11月 5日 (月)

11月5日(月)

【写真】テロ特別委員会で、学識経験者ら参考人に話を聞きました。その後、質問をさせていただきました。

Photo

11月 5, 2007 日々実感 |

2007年11月 1日 (木)

11月1日(木)

 朝、外務・防衛部門会議。(テロ特、資料請求に対する回答)

 900衆議院テロ防止特別委員会。(~1800

 1900勉強会

11月 1, 2007 |