三谷光男

« 9月11日(火) | トップページ | 9月13日(木) »

2007年9月12日 (水)

9月12日(水)

安倍総理辞任のニュースには本当に驚きました。

それも所信表明演説を受けての代表質問が行われる衆議院本会議が開かれる直前に、その知らせが伝えられました。一昨日所信表明演説を行い、代表質問の直前に総理が辞意を表明するのは前代未聞の出来事です

職責の重みに耐え切れず、気持ちの糸が切れてしまって、政権を投げ出してしまったとしか考えられません。

総理大臣が果たす国民に対する責任の重みをどのように考えているのでしょうか

安倍総理は最後まで無責任な「ぼんぼん」総理でした。驚きと怒りを通り越してあきれてしまいました。

安倍総理はそれぞれの閣僚にお詫びの電話をしたということですが、まず最初にお詫びしなければならないのは国民に対してではなかったのでしょうか。会見では一言もありませんでした。

これから始まろうとした国会は、とんでもない総理の責任放棄によって半月近く(次の総理が決まるまで)空転が続くことになると思います。そのことが何より情けないし申し訳ない。

【写真】本会議前の代議士会の様子です。途中で、首相辞意表明の第一報が入り、本会議開会の延期が告げられました。

Dsc01489_small

9月 12, 2007 日々実感 |