三谷光男

« 5月24日(木) | トップページ | 5月28日(月) »

2007年5月25日 (金)

5月25日(金)

朝からすでに不穏な動きが漂っていました。

宙に浮いた年金記録消えた年金記録にどのように対処するか、大きな焦点となっている社会保険庁機構改革法案の審議。

結局、安倍総理、柳沢厚生労働大臣は、「対処する」とは言ったものの、いつ、どのようにといった実効性については何も明言しないままに、法案の強行採決に至りました。

私も大勢の同僚議員たちとともに、衆議院厚生労働委員会に陣取り、体を張って委員長による強行採決の阻止に立ちふさがりました。

私も長年国会の中でさまざまな国会を身近に見てきました。異常な国会だと思います。自分も関わった所得税法等税法案や予算に始まり、この社保庁改革法案まで、一体何回強行採決を行えば気が済むのか「数の横暴ここに極まれり」という感があります。自民党に勝たせすぎたのだと思います。

なぜマスコミは、きちんと国民に、この暴挙の数々を伝えないのか。またわれわれ民主党も、なぜこの数々の暴挙を伝えさせることができないのか、自分たちの非力さへの自戒もあります。

こうして現場で無体な暴挙に立ち会うと、政権交代の必要性を改めて実感します。

5月 25, 2007 日々実感 |