三谷光男

« 3月5日(月) | トップページ | 3月9日(金) »

2007年3月 6日 (火)

3月6日(火)

12:00衆議院本会議3日未明まで続いた衆議院本会議の続きです。

「所得税法等改正案」「特例公債法改正案」「特別会計法案」の3法案について、党を代表して討論に立ちました

国の財政、国民の血税、国民が求める無駄遣いの徹底是正にかかわる極めて重要な法案であるにもかかわらず、ほとんど審議が行われず、「言論の府」たる国会において議論が封殺されたことに対して、満身怒りを込めて猛抗議しました。

格差是正が叫ばれ、国民生活の向上を図らなければならない時期に、事実上の増税となる定率減税の廃止をそのまま実行に移すことの「非」を申し立てました。

合わせて、特別会計は税金や保険料の無駄遣いの温床です。統廃合で数を減らしても事業内容の見直しなどその中身が改まっていなければ無駄遣いを是正したことにならないと指摘しました。

審議をさせていただいていない。審議をさせていただきたい。議論をさせてほしいと訴えました。

◆討論の内容については以下のPDFファイルをご覧ください

「__0306.pdf」をダウンロード

【写真】本会議の前の代議士会で、登壇にあたっての決意を述べました。

Jly_84181_small

【写真】衆議院本会議で、「所得税法等改正案」他2案に対する反対討論をしました。

20070306_122354_small

20070306_122830_small

3月 6, 2007 日々実感 |