三谷光男

« 2月28日(水) | トップページ | 3月3日(土) »

2007年3月 2日 (金)

3月2日(金)

9:15国対役員会

与党の強行姿勢は変わらず、今日中に平成19年度予算案(予算委員会)、所得税法等改正案など3法案(財務金融委員会)、地方税改正案(総務委員会)を強行採決してくる模様で、緊張感が漂っています。

審議拒否はしない、通告なしのガチンコ質疑という新たな戦い方による徹底抗戦の方針を確認

衆議院予算委員会

馬淵澄夫さんの質疑。

松岡農水大臣のNPO申請に絡んでの口利き疑惑を質すため、松岡大臣と高市内閣府担当大臣の出席を要求しましたが、予算委員長や与党の理事は当初、馬淵さんの要求を拒否

しかし憲法63条には「国務大臣は(国会から)答弁または説明を求められた場合には国会に出席しなければならない」と定められています。「憲法違反だ」との声に押され、結局二人の大臣を呼ぶことに。このため1時間以上審議は遅れました。

馬淵さんの指摘で、松岡農水大臣のNPO申請に絡んでの口利き疑惑は、「池田」と旧姓を名乗って口利きした現農水大臣秘書官・赤松氏の所業だと判明しました。松岡大臣からは納得のいく説明は得られていません。

大串博志さん、前原誠司さんの質疑へと進む。

休憩をはさんで、午後、予算委員会再開

委員長から、締めくくり総括質疑の宣言。強行採決を行う構えです。

与党議員の質問の後は民主党の質問時間だが、質問時間が終わると強行採決となるので簡単に質問することはできない。

民主党の理事は委員長席に詰め寄り、強行採決をしない約束を取り付けようとするが、委員長も与党理事もまったく応じません。与党理事は話し合いの場に出てこようともしません。

17:30すぎ。与党による強行採決

民主党議員から怒号が飛び交う。

野党の予算委員は全員、委員長席に詰め寄り猛抗議。

珍事も起きた。強行採決で怒号が飛び交う中、共産党提出の予算組み替え動議に、与党委員たちは間違って起立(賛成)。しかし与党による予算案の強行採決はおこなわれました。

伊吹文部科学大臣他3閣僚の事務所費問題や松岡大臣他の口利き疑惑等があり、予算委員会で、「政治とお金」の集中審議が行われるはずでした。この約束も反故にされました。公聴会の中で示された「偽装請負」について、参考人質疑が要求されましたが、これも反故にされました

今年の予算審議は、例年の3分の2の審議時間しか行われていません。

なぜここまで無理をして衆議院の通過を急ぐのでしょうか?

予算委終了後、衆議院財務金融委員会

予算に関連する「所得税法等改正案」「特例公債法改正案」「特別会計法案」3案の審議。ここでも強行採決の構え

この3案については、十分な審議どころか、ほとんど審議は行われていない

この日は、与党(自民党のみ)1時間だけの審議。野党の質問は認められなかった。情けないことに質問に立った自民党議員2人は、自分の持ち時間すら質問することなく降壇する。内容もおそまつそのもの。

伊藤達也委員長と与党による強行採決が行われました

私も伊藤委員長に詰め寄って猛抗議しました。審議をさせないというのは、議会制民主主義を冒涜する暴挙に他なりません。

この3法案はいずれも重要広範議案。それぞれ極めて重要な法案と位置づけられています。

にもかかわらず、ほとんど審議は行われませんでした。

去年と今年の審議時間を比較すると、「特別会計法案」を除いた「所得税法等改正案」「特例公債法改正案」の2法案で、去年は野党の審議時間は19時間、与党を合わせると25時間以上行われています。今年は「特別会計法案」を加えた3案の審議で野党分の合計は2時間、与党分と合わせても4時間半です。

しかも質疑に立った自民党議員(3人は)いずれも時間消化のためだけに行ったあまりにおそまつな内容でした。

総務委員会でも同じことが行われました。

この日は委員長職権で立てられた委員会、強行採決の3連発です。衆議院本会議も同様ですので職権・強行採決の4連発です。私も長く国会を見てきましたが、こんなことははじめてのことです。

この暴挙を推し進めた与党の各理事、委員長は、自らの国会議員という立場をどのように考えているのでしょうか?

衆議院議員のことを「代議士」といいます。これは主権者たる国民を代表して、国会において代議する、選んでいただいた国民に代わって議論する責務を負うから「代議士」といわれているのです。

国会は議論の場です。だから「言論の府」といわれています。議論を通じて、国民のみなさまに、国の課題や方向性を明らかにしながら、法制度をつくりあげていく「府」なのです。

審議・議論を封殺することは、議会制民主主義を冒涜するばかりか、国会議員という自らの立場の自殺行為に他なりません。

22:20代議士会22:30衆議院本会議

まず、金子予算委員会委員長の解任決議案の審議から始まりました。ここから未明まで延々と本会議は続きます。

本会議が始まる前、「所得税法等改正案」「特例公債法改正案」「特別会計法案」3案についての党を代表して討論に立つことが決まりました。

【写真】本会議の前の、緊迫した代議士会です。

200703022209

3月 2, 2007 日々実感 |