三谷光男

« 3月9日(金) | トップページ | 3月14日(水) »

2007年3月12日 (月)

3月12日(月)

7:15街頭演説会。JR広駅前。宮政利県議会議員と一緒に朝のごあいさつと合わせそれぞれ国会報告、県政報告を行いました。

スタッフ会議の後、東京へ

神奈川県庁入り。民主党官製談合追及・公共調達適正化対策チームの視察

松沢成文神奈川県知事との意見交換。県担当者からの説明聴取。県政クラブでの記者会見。

神奈川県では松沢知事のもと入札制度改革が行われています。その取り組みについてしっかり話を聞いてきました。

かながわ方式」について、

    250万円超の案件について、条件付(地域要件など)で一般競争入札とする。

    設計金額の事前公表をしない。予定価格、最低制限価格を公表しない。

    ペナルティーの強化。談合、不当取引違反の入札停止期間を2年とするなどかなり厳しいもの。

    建設業者の健全育成。優良工事業者や災害時などに参加する社会貢献を評価するメリットシステムを導入。

    公共工事の品質確保。検査監督体制を強化しています。

一般競争入札にする金額を250万円まで下げているのは、今のところ神奈川県と長野県だけです。入札制度改革が簡単ではないのは、「安かろう、悪かろう」では話になりません。神奈川県では、ペナルティー強化というムチと、優良工事業者をちゃんと評価して優遇するメリットシステムというアメを組み込んでいるところは工夫されている点です。「入札制度改革については、ベストな制度はない。常に改善しながら変えていく」と言った松沢知事の言葉が印象的でした。

3月 12, 2007 日々実感 |