三谷光男

« 11月7日(火) | トップページ | 11月9日(木) »

2006年11月 8日 (水)

11月8日(水)

8:00~築地聞真会(浄土真宗本願寺派)。
門主と議員とで懇談もさせていただきました。

税制調査会(団体ヒアリング)。
(特に、税理士会からの要望。同族特殊会社の役員報酬の損金不算入の話は、去年の税制改正で盛り込まれた項目ですが、中小企業経営者には極めて評判が悪く、悪くて当たり前、税理論上もおかしいし、このような馬鹿げた税制を実施する連中は頭がおかしいとさえ思っています。)

衆議院財務金融委員会。
おもしろい場面がありました。審議が止まりました。
内容は、EPSにともなう関税法の改正で何も問題になることはないのですが、共産党の佐々木委員の質問で、渡辺経済産業副大臣は前日質問通告を受けたのもかかわらず公務があるという理由で拒否されたことがわかりました。(通常、質問に関する要求があれば、正当な理由がない限り大臣、副大臣は委員会に来て答弁しなければならない)
渡辺経済産業副大臣は公務と称して拒否されたのだけれど、その公務の内容がまったくの私用、それもその前日渡辺副大臣の実家の会社(渡辺交通)が会社再生法の適用(事実上の倒産)を受け、どうやらその後始末に奔走されていたのが、その公務と称した中身だったことがわかりました。さらに渡辺副大臣が自分の会社に貸していた6000万円が、倒産の少し前に渡辺副大臣に返却されている。これが事実だとすれば背任の罪になります。渡辺副大臣は頭から湯気をたてながら、ここでも答弁を拒否、審議が一時止まってしまいました。

11月 8, 2006 日々実感 |