三谷光男

« 11月15日(水) | トップページ | 11月17日(金) »

2006年11月16日 (木)

11月16日(木)

 衆議院本会議が、野党4党の強い抗議を無視して強行され、教育基本法改正案が与党単独のもと可決され、衆議院を通過しました

【写真】教育基本法が強行採決される直前に開かれた民主党代議士会。緊迫した雰囲気です。
20061116_01_2

「審議拒否だ」とわけのわからないことを叫ぶ与党議員がいますが、私たちは「審議をしろ」と審議の継続を強く訴えているのです。審議拒否をしているのはむしろ自民・公明の与党の皆さんです

 昨日、教育基本法特別委員会で中央公聴会が開かれました。有識者・専門家(公述人の中には、石川県の県立高校の教師もいました)を国会に呼んで、この法案の意見を聞くためのものです。意見を聞いて審議に生かさなければならないのに、午前中公聴会、同日午後審議打ち切り・採決というのは、公聴会の意味を成しません。来ていただいた公述人の方々にも失礼な話ではありませんか。

「いじめ」の問題が今大きな注目を集めています。文部科学省の報告では過去6年間に「いじめ」による自殺はゼロだったと報告しています。この2週間だけで、私たちが知った「いじめ」による生徒の自殺は9人(校長先生は3人)を数えています。文科省は隠していたか、ウソを報告していたかいずれかです。審議の必要はありませんか

「未履修」の問題。高校の未履修だけでなく、中学でも未履修があるといわれています。また4年前から文部科学省は未履修があったことを知っていたことがわかりました。なぜここまで隠していたのでしょうか。報道されてあわてて対処したことで、一番迷惑をこうむったのは他ならぬ罪もない当該の生徒たちです。これも審議の必要はなかったのでしょうか。

 教育改革タウンミーティングでの「やらせ発言」。あまりにお粗末な話です。やらせ発言を頼んだだけでなく、やらせ発言をした人に(税金から)報酬5000円を支払っていたこともわかりました。このタウンミーティングですが、会場費1件1000万円です。全部で約20億円費やされています。どうして1会場、会場費が1000万円もかかるのでしょうか?
 タウンミーティングの「やらせ発言」は、調べてみるとまだまだいろいろなことが出てきます。政府・与党は明らかに幕引きを図っています。なぜなら、このタウンミーティング、開催されたのは小泉内閣時で、責任者は官房長官、その官房長官は他ならぬ安部総理です。だから安部総理にまで問題が波及することを極端に恐れているところがあります。
 小坂前文部大臣は、教育基本法審議の答弁の中で、再三にわたって「タウンミーティングで国民の声を聞いた。それを基本法審議にも生かした」と答えています。やらせ発言があったことはごく最近わかったことです。「やらせ発言」がこうして明るみに出て、このタウンミーティングで「国民の声を聞いた」などといえるのでしょうか

 60年に一度の教育基本法の改正です。加えて、教育について、国民の大きな関心が寄せられています。徹底審議が行われ、りっぱな教育基本法ができあがることを強く望んでいます。
強行採決、審議をとめる、そして明らかにすべきことを隠す自民・公明のやり方に大きな怒りを覚えます

【写真】与党の強行採決後、野党4党合同で抗議集会を開催しました。
20061116_02_1

11月 16, 2006 日々実感 |