三谷光男

« 11月14日(火) | トップページ | 11月16日(木) »

2006年11月15日 (水)

11月15日(水)

朝、厚生労働部門会議
新型(鳥)インフルエンザへの対応について、厚生労働省からヒアリング。

衆議院教育基本法特別委員会。(公聴会、公述人質疑)
昨日から、早く法案を通したい自民党と、審議はまだ不十分として審議継続を望む民主党をはじめとする野党との間で緊張したせめぎあいが続いています。今日中に強行採決があるのかどうか、緊張した雰囲気の中での公聴会、質疑でした。

<教育基本法、与党強行採決!>
結局、与党は午後、採決含みの審議を強行、そして採決を強行しました。一部に民主党は審議を拒否したかのような伝えられ方がされていますが、審議を拒否したのではありません。「審議を続けろ」と主張したのです。
考えてみてください。「いじめ」「未履修」の問題が大きな焦点になっています。与党の中には、教育基本法は教育の原則、理念だからこれらと直接関係ないとおっしゃる方々がいます。関係ないはずがありません。
与党が採決を強行する理由に、審議時間が(通常国会とあわせ)延べ100時間を超えた、だから審議を尽くしたということが唯一最大のものとなっていますが、まさにこの日の公聴会の中でも、公述人の西原博史早稲田大学教授や広田照幸日本大学教授が言われたように、「政府案の中には問題がある。(第2条教育の目標のように)逆に民主党案(日本国教育基本法案)のほうが支持しやすい。だけどほとんど民主党案(のいい部分)は審議されていない」と強く指摘されたように、まさに60年ぶりに教育の根本たる基本法を作り変えるわけですから、審議時間をこれだけかけたということだけでなく、その大事な内容がきちんと論議されたかということが問われなければなりません。
審議が打ち切られ、採決が強行されたことは、本当に残念なことだと思っています。

この教育基本法の強行採決により、教育基本法特別委員会だけでなく、(一部を除く)衆議院のすべての委員会審議が、ストップしました。これは私たちの望むことではありません。一刻も早く正常化することを強く望みます。

11月 15, 2006 日々実感 |